再利用する意識を持っている

>

家電を捨てる時の注意点

リサイクル法に該当する家電

家電リサイクル法ができてから、該当する家電を処分する際は買ったお店に持って行かなければいけない決まりになりました。
該当するのは、パソコンや冷蔵庫、洗濯機や乾燥機などです。
これらを購入する際は、他の家電と一緒に処分できないことを理解してください。
どこで買ったのかわからなくなったときのために、メモを残しておくことをおすすめします。

もし家電を処分したい時に、購入したお店がわからなかった場合は、メーカーに問い合わせてください。
近くに工場があれば、そこで引き取ってくれることが多いです。
現代は様々なルールが決められて、不用品を回収しています。
それぞれがルールを守ることで、綺麗な環境を後世に残すことができるでしょう。

不用品回収業者に依頼する

お店に家電を持って行くのが面倒だったら、不用品回収業者を利用してください。
現代は不用品を捨てる機会が多いです。
ですから、不用品回収を職業にしている人もたくさん見られます。
業者はリサイクル法に該当する家電も回収してくれます。
複数のお店で購入した家電を一気に処理したい場合は、それぞれに持っていくのが面倒ですよね。

不用品回収業者に任せれば、一括で引き取ってもらえるので楽です。
優良な業者なら、その辺に回収した家電を不法投棄したり、勝手に燃やしたりすることはないので安心できます。
悪質な業者を根絶するために、不用品回収を職業にする際は許可制になっています。
許可を得ている人だけが、不用品回収業者になれます。


この記事をシェアする