再利用する意識を持っている

>

きちんと分別して出そう

世界中の国と繋がっている

江戸時代の日本は鎖国をしていて、他の国とほとんど繋がりがありませんでした。
ですから、出る不用品の種類も限られていました。
しかし現在はとっくに鎖国を撤廃しているので、様々な国と繋がっています。
新しい文化が入ってくれば、それだけ不用品の数も増えます。
分別が面倒に感じている人も見られますが、きちんとルールを守ってください。

適切な方法を使えば、リサイクルして新しい製品に生まれ変わることができます。
平安時代や江戸時代から長年受け継がれてきた精神を、現代も意識しましょう。
不用品の数が増えたので、回収業者も増えています。
必要な時に連絡すれば来てくれるので、遠慮しないで利用しましょう。
自分で不用品を処理するのは大変です

ペットボトルなども生まれ変わる

硬いペットボトルでも、業者に回収してもらうことで紙製品や衣類に生まれ変わります。
現代の技術はとても発達しているので、資源を無駄に使わないで済んでいます。
しかし、技術は発達していてもみんなが不用品を適当に捨てている状態では意味がありません。
みんながきちんと分別しないと、不用品は生まれ変わることができないと覚えておきましょう。

古紙などの不用品を集めている業者も存在します。
すると再び紙になるので、森林を無駄に伐採せずに済みます。
森林の伐採が加速化すると、いずれなくなってしまいます。
どんな生き物でも、森林がないと生きていけません。
ですから、森林を守るために不用品を引き取ってくれる業者を利用しましょう。


この記事をシェアする