再利用する意識を持っている

>

リサイクルできるものが豊富

何でも回収する業者

現代はホームセンターに行くと、簡単に肥料を購入することができます。
しかし江戸時代にはそんなものはありませんし、肥料を作るのも大変でした。
そのため農作物の肥料に、糞尿が使われていたと言われます。
糞尿を買い取る業者も現れ、現代の不用品回収業者のようなことをしていたようです。
牛や馬など家畜の糞尿が主ですが、中には人間の糞尿を回収する業者も見られました。

他にも、古着などを買い取って販売する業者も現れました。
使えなくなった鉄も回収して研いだり、溶かしてまた新しい鉄製品に生まれ変わらせます。
どんなものでも、1回使って捨てるのはもったいないです。
江戸時代の人は再利用できる方法を見つけて、何度も使っていました。

ゴミ処理に関する決まり

住人が勝手に不用品を捨てないように、芥改役という部署が江戸時代に誕生しました。
それはゴミ処理に関することを、取りしまる部署になります。
現代と同じように、不用品を不法投棄したり勝手に燃やしたりすると、環境が悪化します。
資源を再利用もできないので、厳しく取り締まっていました。
江戸時代も今のように、不用品が出たら分別して回収してもらうのがルールでした。

当時に決められたルールが、現代にも残っています。
みなさんも家庭でゴミが出た時に、分別して出したり、不用品回収業者に引き取ってもらったりしていると思います。
設備が整っていない江戸時代でも、工夫して不用品を回収して、再び使える状態に戻していたのはすごいですね。


この記事をシェアする